早期発見が大切な梗塞。今や若い年代にも起こる梗塞。年寄りがかかる病気ではないのです。その中でも見落としがちな「前兆」をとらえる事が出来れば、自分やまわりの家族などの命を守る事が出来るかも知れません。この「梗塞の前兆」には典型的な特徴があります。梗塞になる3人に1人が前兆症状を経験すると言われているそうですよ。症状があったら出来るだけその日のうちに専門医に診てもらうことが大切だと言われていますが。仕事が忙しいだの何だのと理由をつけて行かない。ここで医者に行っておけばこうならなかった…と後悔じゃあダメですよね。だから前兆があればやはり検査です。何もないならそれでいいじゃないですか。前兆としては、体の半身に力が入らない・しびれる。舌がもつれる、言葉が出ない 片側が見えない、物が二重に見える・ 急に症状があらわれる・ 数分から数十分で消えることが多い…など。当てはまるなら病院に行きましょう。