言語障害(言葉が出ない、ろれつが回らないなど)には、失語症と構音障害があります。両者の違いを一言で言うと、失語症とは、会話のキャッチボールが成立しない状態。構音障害とは、会話の内容は正確だが、舌や口唇の運動麻痺により、ろれつが回らない状態です。伝えたい事がうまくできないなど、もどかしい気持ちですよね。聞く私達も一生懸命聞き取ろうと努力しています。あとプレッシャーを与えさせないようにしなければいけません。プレッシャーを与えてしまうと中には、自分の殻に閉じこもってしまい、何も話してくれなくなってしまいます。焦らないこと、焦らせないことです。たまに患者様宅にお邪魔しますが、言語障害の方が私達に、何か話して下さるのですが、半分ほどしか聞き取れず申し訳なくなります。しかし 介護されているご家族さんは、わかるらしく私達に伝えてくれます。さすが家族ですね!思わず感心しましたよ。