脳動脈が閉塞し、血液が届かずに神経細胞が死んでしまうのが脳梗塞です。脳に酸素と栄養を供給している血管が詰まることによって起こる病気です。血流が途絶えると、詰まった部分から先の脳細胞が壊死し、運動、言語、感覚に障害が現れます。前兆はいきなりはじまるものもありますが、ジワジワと前兆が続き、ある日突然ドカンと来る場合がありますから。テレビであるタレントさんが、ある日突然右手と右足の震えが来たそうです。しかししばらくするとおさまるので、疲れか何かだと思ったそう。2日後またテレビの収録中に震えが来て怖かったみたいで、数日後病院の検査で中脳が脳梗塞を起こしているとの事でした。大丈夫だろうと思ってそのままにする人が多いですが、実際は体からの警告なんですね。病院行くのも面倒だし、仕事もあるし…と言い訳している間にも、病が進行していくのです。おかしな?と思ったら、やはり検査が必要かもしれません。