在宅リハビリテーション

ある冊子本に特集されていたもので『在宅リハビリテーションの方法について』書かれたものを読んだことがあります。入院中で行うだけのリハビリだけでは不十分で退院後のリハビリの重要性を指摘されていました。後遺症をもった方が再び普通の生活を取り戻す為には在宅リハビリテーションの重要性。ご家族様、医療スタッフや福祉担当者との連携が重要だとも書かれていました。例えば脳梗塞で後遺症の症状が出た場合は入院中にリハビリを行いますが、退院間近になって思いのほか障害が軽減してないことが患者様が失望するなどのケースもあるそうなんです。悲観的になりそのまま家に閉じこもってしまうことを防止したいという意味もあり在宅リハビリテーションが重要だということが記されていました。入院中は日常生活動作(ADL)の自立を目指し退院後は家庭復帰や社会復帰を目的にして目標を持ってもらうことが重要だということです。リハビリの目的はALDの向上だけではないのですね。脳梗塞などで後遺症をもった方が退院後、前向きに生きることが大切なんです。

6ヶ月の壁

脳梗塞のリハビリは早い段階で行うことです。筋肉のこわばり、関節がかたまるなど後遺症に悩まされます。早期にリハビリをはじめて、6ヶ月あたりから、改善がみられなくなってきます。これが「6ヶ月の壁」と言われるそうです。どうしようもないそうです。やれるとすればマッサージなどで柔らかくしてその間をぬってリハビリしたり、それぐらいしかないとのこと。しかし近年医療が進み、ある注射を打って改善していくものが開発されました。成分が毒性のあるボツリヌス菌を精製して作られた薬です。保険適用だそうですが、数万円するそうです。それで過敏になった筋肉を麻痺させ運動しやすくしてくれるそうです。これを注射して、腕が回るようになったとか、肘のまげのばしも途端にできるなった等、効果があるそうです。数回の投与で改善も見られるみたいなので、6ヶ月の壁は砕かれました。患者さんにとっては、嬉しいですね。

リハビリテーション 脳梗塞

脳梗塞のリハビリテーションは 入院中に療法士さんから指導をもらって退院してからもリハビリテーションが続けられるようにしないといけません。麻痺などの後遺症が残ってるので、歩行訓練や作業訓練などをやっていきます。今まで日常的に出来ていた事が出来なくなっているので、思うようにいかないジレンマが襲ってくると思います。ここで諦めたらダメだと思います。近くにいる家族 友人知人 に支えてもらい励ましてもらいながらリハビリテーションをしていくのがいいと思います。脳梗塞だけではなく 脳血栓などもやはりリハビリテーションが必要な場合があります。家の父は 私が小学校一年生の時に脳動脈瘤破裂になりました。大手術を経て一命をとりとめました。その後のリハビリが大変でした。母も闘いでした。気性がやや荒い父は、うまく話せない事や 術後の傷跡がひどく痛み、ベッドで暴れたそうです。 母は負けず根気よく言語のリハビリ 記憶のリハビリ 歩行のリハビリを指導の元入院中ずっとやっていたそうです。父は若さもあり退院する頃には何とか日常の動きや会話が出来るようになっていました。支えは必要です。

リハビリテーション 脳梗塞 © 2017