脳梗塞の後遺症は様々です。ある患者様は右半身の麻痺があり普段から車椅子での生活をされている方がみえます。その患者様はなんとか左足は動かすことができ日頃は左足を使いながら車椅子を動かしていますので、左足はなんとか浮腫みはひどくはないのですが、反対に麻痺の右足は全く動かさないせいか、浮腫みがとてもひどいです。なんとか右足の浮腫みを改善しようとマッサージを念入りに先生も行いますが、なかなか大変です。このまま浮腫みがひどくなると関節が動きにくく、ついには固まってしまうらしく心配です。浮腫みの予防や改善は関節を十分に動かすことだそうです。関節可動域訓練というものが最も大切だということです。マッサージで循環をよくすることも大事なんです。またこの季節、冷えも大敵ですので気をつけてほしいです。