脳梗塞などの脳血管障害(脳卒中)における後遺症の中には、嚥下障害というものがあります。飲み込み障害ともいいます。その名の通り食べ物や水を上手く飲み込むことができない状態で、それによって飲み込んだものが誤って気管に入ってしまうこともあります。これを誤嚥といいます。誤嚥が起こると食べ物や口腔内に付着した細菌が肺に入ってしまい、肺炎を起こすこともあるため、それを防ぐためにも食事にはとても注意が必要です。予防策としては、まず、食事を始める前には、口をよくゆすいできれいにしてから食事をすることが大切です。また、食事をするときの姿勢にも気をつけましょう。しっかりと座った状態で食べることが大切です。寝たままなどでは、食べ物が気管に入りやすくなってしまうからです。さらに、飲み込みをスムーズに行うためにも食事の前に顔や口の周りのマッサージを行うとよりいいです。誤嚥による肺炎を予防していきましょう。