心の支え脳梗塞を起こすと様々な症状が起こり、後遺症を残すこともあります。後遺症としては様々なものがあります。例えば、片麻痺や言語障害、視覚障害、感覚障害などです。しかし、こういった症状以外に、脳卒中を起こした本人の心の問題があり、気力の低下や気分の落ち込みといったこれらのことも症状の一つといえます。ある日突然体が不自由になり、今までのような生活ができなくなってしまったというショックからこのような心理的な問題が起こります。具体的には、気持ちが沈んているため暗く、笑顔がなくなったり、や感情の起伏が激しくなるなどといったことが起こります。このような状態が長い間続くと、治療やリハビリに消極的になり、回復が遅れかねません。そこで大切となるのが家族・周囲の人たちの支えです。気遣いや励ましが本人の心の大きな支えになります。少しでも回復してもらうためにはそういった家族・周囲の人たちの存在が必要になります。