放課後等デイサービスについての悩み

放課後等デイサービスについてみなさんはどんな悩みをお持ちですか?

僕は最近2つの悩みがありました。

1つ目は来年から小学校にあがる子供についてです。

発達障害があるため放課後等デイサービスの利用を考えているのですが、通う施設の地域をどうしたらよいのか悩んでいました。
家から近い方がいいのか?学校から近い方がいいのか?

みなさんならどちらを選びますか?

僕が選んだ答えとしては、家から近い施設を選びました。
学校から施設までの送迎をしてもらえる施設に限られてしまいますが・・・・。
なぜ、家から近い施設を選んだかというと、もし何かの事情で子供を自分が迎えに行かなければならなくなった時に、早く迎えに行くことができるからです。

子供が急な発熱を発症した場合でも早く迎えに行ってあげれますし、学校から近くても、家から遠くなってしまっては、急いでいるときには時間のロスになってしまいますからね。

2つ目は、学校を休ませた日には放課後等デイサービスは利用できないのかということです。

このことについては調べてみることにしました。
放課後等デイサービスは、学校とは関係ないため、学校を休んだ日でも利用はできるようです。
授業参観などの振替で休みになった日もありますしね。

急に利用することが決まった場合は、施設への定員の空きがあるおか確認が必要ですが。

ただ気を付けないといけないのが、インフルエンザなどで休んだ場合は自宅で療養をするように言われてしまいますよね。

最近では、土曜や祝日も開いている放課後等で―サービスもあるようなので、利用してみるのもいいかもしれないですね。
休みの日にしかできないこともたくさんあるでしょうし、たまにはリフレッシュする時間も必要だと思います。

いつも気を張っているといつかパンクしてしまう可能性がありますからね。

放課後等デイサービスについて悩みがあったら、一度利用を考えている施設に相談してみるといいかもしれませんね。僕はいつも相談しています。

いつも親切に相談に乗ってもらえるのでとても助かっています。

岐阜・本巣・瑞穂でおすすめの放課後等デイサービス ひまわり

http://himawari.link/

打撲の治療は岐阜市の接骨院がおススメ!

昨日、岐阜市の体育館でバスケットをしていたら、友人とぶつかり脛を打撲してしまいました。

痛みに耐えながら続けていたのですが、帰る頃にはどんどん痛くなってきました。

とにかく痛く足を引きずりながら家まで帰り、ひどくならないようにアイシングしていたのですが、腫れがなかなかひきませんでした。

皆さんは、打撲してしまったらどこで治療を受けますか?

僕の場合怪我をしてしまったらまずは接骨院へ行きます。

昨日は帰るのが遅くなってしまったので、すぐに治療に行くことができなかったので打撲の応急処置について調べてみました。

僕は打撲というものはぶつけただけだからと軽く考えていたのですが、無理をしてしまうと骨折し時と同じような痛みと腫れが出てきてしまうそうです。

特に足の打撲の場合、怪我をしてから歩き回ったりしてしまうと、患部に負荷がかかりさらに炎症が強くなって、痛みと腫れがひどくなってしまうというのです。

僕はといえば、怪我をした後も、走ったり、ジャンプしたりしていたので相当患部に負荷をかけてしまったんだと思います。

腫れと痛みがひどいです。あのとき続けなければと後悔してしまいます。

ズキズキと痛むので、段差の上り下りがつらいです。

さっそく、接骨院へ行ってきたのですが、接骨院の先生にも怒られてしまいました。

痛みや腫れの軽減のためにアイシングしたことはいいが、怪我した後は運動しないでしっかり安静にするようにとアドバイスをもらいました。

今日は打撲したばかりということで、電気治療とテーピング固定をしてもらいました。

低周波治療器では炎症を抑え、痛みを和らげる効果があるとのことで、安心して治療してもらえました。

テーピングしてもらったことでがっちりと守られている感じがしてなんだか歩きやすくなりました。

早く接骨院へ来てよかったです。痛みや腫れが引くまで1週間くらいかかるみたいです。

早くまたバスケットがしたいので、続けて通わせてもらいます。

打撲は、すぐに治ると思い、少し痛みが和らぐと打撲したことも忘れ無理に使ってしまい、後から痛みと腫れがひどくなってしまい、かえって悪化させてしまうケースが多いそうです。

少しの間はおとなしく安静に努めようと思います。

打撲の治療なら、岐阜市の田原接骨鍼灸院がおススメ!

http://www.bo-ne.com/

訪問介護のヘルパーさんに紹介された訪問マッサージ

現在、岐阜市で

脳梗塞のリハビリテーションを受けています。リハビリデーションは訪問リハビリテーションをうけています。

それにともない、ケアマネージャからの紹介で、ある訪問介護ステーションさんから訪問介護をうけています。訪問介護というのは、ヘルパーさんを派遣してもらい、日常におけるいろいろなことを介護してもらうことです。

訪問介護の種類は、朝、昼、晩の食事の準備から食事の介助、お風呂に入ったり、洗ってもらったり、トイレにおけるお世話。また、お風呂に入る際、でる際もそうですし、そうでない場合でも衣類の着替え、ベッドから車いすへの移乗、洗濯、買い物援助など、日常生活の介助から、生活の援助までさまざまなことをお願いしています。

私もくわしくはないのですが、ヘルパーの資格をもたれている方が、自宅に訪問してくれて、訪問介護のサービスを提供してくれています。

私の場合は月、水、金に受けています。岐阜市の事業所さんの都合だと思うのですが、月、水は山本さんに。金曜日は佐藤さんに来てもらっています。

山本さんも佐藤さんもとても親切な方なのでとても助かっています。同じ脳梗塞でリハビリテーションをうけている友人に聞くとこの訪問介護のヘルパーさんもひとによってむずかしかったりするらしいです。

友人も悪いのかもしれませんが、あまりあいしょうが合わない事もあるらしいんです。毎週、毎日のようにきてもらって介護をうけるのですから、私も気楽にたのしく受けたいなあと思います。

どうしても、身体の自由がきかないので、イライラしたりあたったりしたくなることもあるんです。そして、きっと友人もわかってほしい・・。

と思ってしまう事が有るんだと思います。それで、ついつい横柄な態度やイライラした態度を採ってしまっているんだと思います。私も同じなんです。ただ、うちのヘルパーさんはとても優しい人ばかりなんです。

私がイライラしてていて、ついついあたってしまっても、なんとかこちらの機嫌をうかがいながら、いい距離間をとって接してくださいます。

ほんとうに申し訳ないなと感じることがい多いんです。いつもヘルパーさんには感謝しています。そのヘルパーさんから紹介されたのが岐阜市の訪問でやってもらえるマッサージです。こちらのマッサージ師さんも丁寧ですし、優しい方ばかりなので、相変わらずわがまま言わしてももらっています。先生たちにも感謝しています。

訪問介護のヘルパーさんに紹介された訪問マッサージひまわり

http://www.hoken28.com/

もやもや病

脳に栄養を送る太い動脈がつまり、不足した血液を補うように周りから細い血管が発達する病気です。この発達した血管が「もやもや」した血管の様に見えることから、「もやもや病」の名前がつけられたそうです。私は頭の気分がもやもやする感じかと思ってました。「もやもや」という形容詞が付けられた珍しい病気です。太い血管がなぜつまるか、その原因はまだわかっていないそうです。欧米人には少なく、アジア系人種に多い病気。もやもや病はやや女性に多く、年齢として5~10歳と30~50歳をピークとする2つの年齢層に多いことが知られています。しかし今はもうどの年代も当てはまるらしく、特に姉妹や母娘などに一発症するそうですよ。大人は、約半数が脳出血で発症します。残り半数は、小児と同じような虚血症状です。脳出血の症状は突然おこる、頭痛、意識障害、麻痺などです。

他動運動

数あるリハビリのなかで重要とされているのが、「理学療法」だといわれています。理学療法とは基本的な運動機能を回復させるためのリハビリです。関節や筋肉は健康な方でも数日使わないでいると、動かなくなることもあります。脳梗塞などで麻痺がある場合なら尚更、手足の関節や筋肉が縮んで固まってしまいます。そのためには関節の拘縮を防ぐためにリハビリが必要となってきます。リハビリは早ければ早いほど効果があるので、発作をおこした当日からでもリハビリを行いたいものですね。しかし麻痺のため全く自分では動かせない方や、意識がない状態の場合には「他動運動」といって理学療法士や看護師が代わりに手足を動かしてくれます。また理学療法士だけではなく、ご家族様もリハビリを手伝って患者様のリハビリの効果をより上げてください。その場合は必ず医師や理学療法士の指導を受けてからリハビリを行って下さいね。

リハビリは大きな励みになる

脳梗塞は皆さんもご存じだと思いますが、脳の血管がつまって血液が流れなくなるために、血液の供給が止まった脳の一部が死んでしまう病気です。脳梗塞には、心臓の中にできた血のかたまりが血液の流れによって脳の血管に流れ込んで血管をふさいでしまう場合を脳塞栓症とよび、また血のかたまりが脳の血管の中にできる場合を脳血栓症と呼ばれています。脳塞栓症は脳梗塞の中でも重症になることが多いそうです。最悪の場合は死にいたることもあります。また重度の後遺症になることがあるそうです。手足の麻痺だったり言葉の障害であったりとさまざまな後遺症として残ることがあります。そのような後遺症が残った場合は少しでも機能が回復するために早めのリハビリが必要となってくるのです。リハビリは生活をしていく上で非常に大切なものです。リハビリをすることで、回復していくことが患者様ご本人の大きな励みになると思います。

動かせるようになりたい

脳梗塞での後遺症により半身不随の方など、杖ついてでもいいから歩けるようになりたい。とおっしゃっていた方がいました。リハビリやマッサージではそれだけでは、良くはなりません。あくまで重要サポートのひとつであるからです。時間を見つけて出来るリハビリ運動とか指導をいただいていれば、地道に行う事です。良くするも悪くするも、自分自身だという事なんです。何かに依存したりすると、人間は楽な方に転がっていきます。努力することを忘れていきます。そんな状態で良くなると思いますか?自分の事が自分で出来る事が幸せなんです。ご家族の負担もかなりのものです。頼る相手がダウンしてしまったらどうするのですか?少しでも介護を楽にさせてあげたいと思いませんか?その気持ちがあるかないかで、私は確実に結果は左右されると思っています。

あたまの体操

ここ数年、脳トレとか言って、携帯でも、ゲーム機でも色々パターンがあるみたいです。iPadなど普及しているのをみると、健常者の脳トレだけでなく障害者や後遺症のトレーニングにも役立ちますね。音ももちろん出ますから、刺激にもなります。活用はされているかと思いますが、便利になったものです。体のリハビリは辛いでしょうから あたまの体操や リハビリは楽しくやりたいですよね。私はクロスワードが好きなので、よくやります。調子が いいと40問が数分で解けますが 調子が悪いと 数十分かかるときもあります。この差は面白いなと思います。苦手が数独。数字を見ると眠たくなる拒否反応で、一切手をつけません。数独は不得意分野です。無理してまでやりません。うちの母は数独が得意なので、解くのが早いです。早く解けると「私は天才か!」と一瞬思うのは私だけ?

ソーシャルワーカーの役割

梗塞の後遺症は麻痺や運動障害、めまいなどの感覚障害・失語症や認知症をはじめとした高次機能障害などが残ります。これらの後遺症を専門の施設で治療や介護を受けることで、回復や維持の可能性が出てきます。医師や看護師の他にも理学療法士・作業療法士・ソーシャルワーカーなどの専門スタッフのサポートを受けながらリハビリテーションを行っていきます。またソーシャルワーカーという職業を初めて聞いた方もいると思いますが…ソーシャルワーカーとは社会福祉士と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格なんです。精神的、身体的、経済的なハンディキャップのある人から相談を受け日常生活がスムーズに営めるように援助を行ったり解決できるように支えたりするお仕事です。またリハビリテーションにおけるソーシャルワーカーの役割はとても重要で、他の専門職が必要とする情報収集や情報提供を行ったりと各種のサービスの調整役も行う大切な方達なんですよ!

前兆

早期発見が大切な梗塞。今や若い年代にも起こる梗塞。年寄りがかかる病気ではないのです。その中でも見落としがちな「前兆」をとらえる事が出来れば、自分やまわりの家族などの命を守る事が出来るかも知れません。この「梗塞の前兆」には典型的な特徴があります。梗塞になる3人に1人が前兆症状を経験すると言われているそうですよ。症状があったら出来るだけその日のうちに専門医に診てもらうことが大切だと言われていますが。仕事が忙しいだの何だのと理由をつけて行かない。ここで医者に行っておけばこうならなかった…と後悔じゃあダメですよね。だから前兆があればやはり検査です。何もないならそれでいいじゃないですか。前兆としては、体の半身に力が入らない・しびれる。舌がもつれる、言葉が出ない 片側が見えない、物が二重に見える・ 急に症状があらわれる・ 数分から数十分で消えることが多い…など。当てはまるなら病院に行きましょう。

リハビリテーション 脳梗塞 © 2014